今、会えるアイドル

今、会えるアイドルとしてファンとの距離感の近さがももクロの売りであり、結成当時は、路上パフォーマンスなど地道な活動続け、ファンをどんどん拡大していった。

ももクロZの売りは、なんといっても、全力のライブパフォーマンスである。
メンバー全員が常に全力投球で、踊り、しかも口パクを一切使用せずダイナミックで壮大な踊りをやりながら生歌で歌う。

ももいろクローバーZ のファンを拡大していった要因は、全力のライブパフォーマンスもさることながら、実に楽曲が盛り上がる曲が多く、従来のアイドルにはない個性的な踊りや歌詞なども大きな要因であろう。

おもに作曲を手がけるのは、ヒャダイン氏。
ももクロ結成当時から多くの作曲は、ヒャダイン氏によるもので、その独創的な曲調は、今までにない個性的な楽曲は多く、ももクロのキャラに合った音楽性が時代とマッチしたのであろう。